神戸市がん健診キャンペーン

神戸市がん健診キャンペーン

肺がん・乳がん・子宮がんの健診を、一部の自己負担で受けることができます。

がんは現在、日本の死亡原因のトップであり、ほぼ3人に1人ががんにより亡くなっています。がんは早期に発見し、治療することが大切です。そのためには、無症状なうちにがん検診をうけることがまず第一です。
神戸市では、健康増進法に基づいて、がん検診を実施しています。がん検診の費用の多くを公費で負担しており、一部の自己負担でがん検診を受けることが出来ます。神戸健診クリニックでも、この制度を利用して、肺がん・乳がん・子宮がんの健診を受けることができます。対象者や価格はそれぞれ異なりますので、ご確認ください。

  • 喫煙に関係が深く、喫煙開始年齢が早かったり喫煙量が多いほどかかる率が高くなります。受動喫煙でもかかる可能性はあります。転移しやすいものが多いのですが、近年、早期発見では治る率が高くなっています。

  • 日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われています。早期に治療を行えば約90%の方が治るといわれています。乳がん早期発見の秘訣は、自己触診とマンモグラフィ検診を受けることです。

  • 子宮頸がんは、がん細胞が上皮内(粘膜)に限られている「上皮内がん」の段階で発見できれば、5年生存率は90%以上。定期的(2年に1回)に受けていれば、早期発見につながります。